\ アメブロはこここから/

海外生活でやってはいけないスキンケア、スイス在住10年後に知った真実

こんにちは、

スイス在住のArpakaです。

今日は「海外コスメ事情」についてのお話。

f:id:swisskurashi:20210205183801j:plain

肌荒れで悩んでいた、Arpakaですがいろいろと調べていると、

海外生活でやってはいけないスキンケアがあることをしりました。

今回は、スイスでクレンジング方法を変えたお話を書いています。

 目次

 やってはいけないスキンケア

日本にいた頃と同じスキンケアでは、乾燥してもおかしくない。

スイスの水も硬水なので、お肌が乾燥してしまうのです。

硬水洗いでやってはいけないことは以下の3点。

  • ダブル洗顔
  • オイル洗顔
  • ゴシゴシ洗い

私、ズボラ主婦でしたので、あまりコスメに関しては情報収集していなかったんです。

しかし、ダブル洗顔では

オイルで乳化しメイクオフフワフワの泡でスッキリ洗顔 をやっていましたが、

これがダメだったんですね。

こんな洗い方じゃ、乾燥してしまうのも当たり前。 

そこで、今回は欧州人の

化粧落とし方法を真似てみました。

ミセラーウォーターとは?

ミセラーウォーターとは、極めて小さな粒子で、

水クレンジングとも呼ばれています。

小さな粒子で汚れを包み込み、

お肌に化粧水だけを残してくれるので

お肌が乾燥しないんですね。

欧州では、このような拭き取りタイプの化粧落としが定番なのです。

[rakuten:strawberrynet-beauty:10021801:detail]

こちらは、フランスの会社「ガルニエ」のミセラーウォーター。

スイスでもガルニエの商品は人気で、

スーパーマーケットでも気軽に買えるところが主婦にも◎です。

見た目はただの水みたいですが、

このミセル粒子 がすごいパワーを発揮してくれますよ。

メイク、汚れ、皮脂等をミセル粒子に閉じ込め、

お肌の潤いはそのまま残してくれます。

f:id:swisskurashi:20210205184713j:plain 

ダブル洗顔がダメな理由は、海外の水事 情にあります。

ヨーロッパの水は硬水

ミネラルが多く含まれる水で、ジャブジャブと洗顔していると

皮膚の顔面には、特に悪影響なのでしょうね。

f:id:swisskurashi:20210205183405j:plain

実際にメイクオフしてみると、

突っ張り感がないのにメイクが落ちていることを実感しました。

硬水ならではの洗顔方法は、拭き取りクレンジングが有効。

海外旅行へ行く際には、

拭き取りクレンジングでお肌へのダメージを軽減してみてくださいね。 

125mlの小ぶりなボトルなら、持ち運びも便利

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

スイス暮らしのArpakaです。スイスから美味しいもの、目に映る美しい風景、心が動く可愛らしいもの、旅行、子育てに関して情報を配信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる