\アメブロでも掲載中/詳しくはこちら

冬に食べたいランキング1位の雪見だいふく、スイスでは高級ライン

冬に食べたくなるものといえば、濃厚なアイスクリーム。

みんなのランキングでは、冬に食べたいアイスクリーム第1位が、

定番の「ロッテ雪見だいふく」と言う結果が出ています。

やっぱり雪見だいふくは、冬に食べたくなりますよね。

日本に帰って食べたいなあ〜

そんなことを考えてるときに見つけたのが、

英国発祥の「Little Moons」。

雪見だいふくよりも豊富なフレーバーで、

その種類は、なんと12種類。

そこで、今回はスイスで食べられる美味しい

欧州の雪見だいふくをご紹介します。

 目次

スイスでも買える雪見だいふく (イギリス産)

まずは、英国産の雪見だいふく「Little Moons」。

日本語にすると、小さな月と言う意味。

確かに、日本の雪見だいふくと比べるとサイズは小ぶりなので、

ぴったりな商品名ですよね。

f:id:swisskurashi:20210211031845j:image

 豊富な種類

今回は、サマーラズベリーを買いましたが、

公式ホームページを見てみるとフレーバーは12種類。

  • サマーラズベリー
  • ゆずレモン
  • マンゴー
  • ココナッツ
  • 塩キャラメル
  • 宇治抹茶
  • ヴィーガンチョコレート
  • ヴィーガントロピカル
  • バニラ
  • ハニーマスタード ピスタチオ
  • ストロベリークリーム
  • イタリアン ローストヘーゼルナッツ

「SPAR」では、ピスタチオ・ココナッツ・サマーラズベリーの3種類しか販売していなかったので、宇治抹茶の販売を期待しています。

f:id:swisskurashi:20210211043341j:plain

冷凍餅アイスの美味しい食べ方

美味しく食べる方法は、冷凍庫から出して5分後。

カチコチの状態よりも、少しだけ柔らかくなった餅アイスが食べ頃です。

求肥のもちもち感とアイクリームが絶品で、2個くらいはぺろりと食べられちゃいます。

Migrosの高級ライン「セレクション」の餅アイス (フランス産)

f:id:swisskurashi:20210211042551p:plain

写真はミグロ公式HPよりお借りしました 

大手スーパーマーケットミグロで販売しているのは、

セレクションシリーズ・高級ラインの餅アイスクリーム。

4種類の味、マンゴー、抹茶、チョコレート、ココナッツのフレーバーがあり、

1箱8.9フランです。

f:id:swisskurashi:20210211042343j:plain

こちらも、日本の雪見だいふくに比べてサイズは小ぶり。

抹茶味もあるので、お客さんがきた際にもお茶のお供に

上品なおもてなしが出来そうです。

冷凍餅アイスの美味しい食べ方

 こちらもLittle Moonsの餅アイス同様に、

食べる数分前に冷凍庫から出しおくことがポイント。

カチンコチンに凍ったアイスよりも、少し柔らかくなった頃が食べ頃です。

まとめ

日本へなかなか帰れない、そんなときには最近スイスでもブームとなってきた雪見だいふくがおすすめ。

冬にアイスが食べたくなったら、英国産のLittle Moonsかフランス産の餅アイスを食べてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる