\ アメブロはこここから/

スズラン、スノードロップ・フレークの見分け方を詳しく解説!メルヘンなスイスの秘境も公開

春の訪れてを告げる花として有名なのは、

白くて可愛らしい見た目のスズラン(鈴蘭)スノードロップですよね。

しかし、あの白くて可愛い花はスズランの仲間かな?

f:id:swisskurashi:20210305225038j:plain

なんて、疑問に思ったことありませんか?

今回は、スズランに似たような花の違いを詳しく解説します。

この記事でわかること

  • スズラン、スノードロップ、スノフーレークの違い
  • 3つの花の見分け方
  • 《おまけ》スイス在住者がこっそりと足を運ぶ、スノードロップの秘密の花園

《おまけ》

記事の最後には、ガイドブックには載っていない、在住者しか知らない秘密の花園情報も載せているので参考にしてみてください。

 

目次

スズランってどんな花?

f:id:swisskurashi:20210305225038j:plain

スズランは、花の形が小さな鈴のようで、すごく可愛らしい多年草

多年草とは、植えっぱなしでも毎年花を咲かせてくれる植物ことだよ。

スズランの特徴は、強い日差しが苦手。なので、落葉樹の下や秋から春にかけて日差しが差し込むような場所が好まれます。

小さな可愛い花を咲かせるスズラン、実は「」を持っている花なんだよ。

有害物質が含まれているので、体に取り込んでしまうと目眩や嘔吐、

頭痛を引き起こすことがあります。

症状は1時間以内に発祥し、最悪のケースは死に至ることもあるので、

花粉を触らないように気をつけましょう。

また、スズランの葉は行者ニンニクにも似ているので、

間違えて採取しないように気をつけましょう。

スズランと間違いやすい花の名前

f:id:swisskurashi:20210308165839j:plain

Photo by Presian Nedyalkov on Unsplash

スノードロップ

スノードロップは、別名「待雪草(まつゆきそう)」や「雪の花(ゆきのはな)」とも呼ばれ

雪が溶ける頃に開花します。

特徴は、白い花びらが3枚と内側の中心部分が一部みどり色になっているところ。

中央部のみどり色の部分が、逆ハートなところも可愛らしですよね。

f:id:swisskurashi:20210308182611j:plain

Photo by Nikola Tomašić on Unsplash

スノードロップと呼ばれる花は数種類あり、

日本で見かけるものは、原産国がヨーロッパの

「ガランツス・エルウィジー」のものが多いそうです。

苗は球根で販売しているので、

冬の間に日差しがさす落葉樹の根元に植えてみると良いですよ。

f:id:swisskurashi:20210309174357j:plain

庭なんてないな〜という方は、プランターでも育てる事ができるので

春の訪れを感じられる観賞用として育ててみてくださいね。

スノーフレーク

f:id:swisskurashi:20210305182928j:plain

スノーフレークは、スズランと似たような丸いフォームの花びら。

似ているようですが、スノーフレークは花びらにみどり色の斑点があるのが特徴です。

花の大きさもスズランよりも大きめです。

各花の英語名とドイツ語名

各花の名前をまとめてみました。

スイスでも似たような花が咲くので、散歩していると間違えることも。

花の名前を覚えて、小春日和の散歩を楽しんでみましょう。

日本語名 英語名 ドイツ語名
スズラン Lily of the valley (リリーブ ザ ヴァリー) Maiglöcken (マイグロッケン)
待雪草(まつゆきそう) Snowdrop(スノードロップ) Schneeglöckchen (シュネーグロッケン)
鈴蘭水仙(すずらんすいせん) Summer Snowflake (サマー スノーフレーク)
London Lilly (ロンドン リリー)
Frühlings-Knotenblume (フルーリングス クノッテンブルーメ),
Märzenbecher (メルツェンベッヒャー)

それぞれの特徴と見分け方

3つの花の特徴と見分け方を簡単にまとめたので、参考にしてみてくださいね。

日本語名 特徴と見分け方
スズラン 小さな鈴のような花が、下向きに咲きます。
待雪草(まつゆきそう)、スノードロップ すずらんとの違いは、花びらの数。スノードロップは3枚の花びらを付けます。中心にはみどり色の逆ハート模様があるのが特徴です。
鈴蘭水仙(すずらんすいせん)、スノーフレーク すずらんとの違いは、花びらにみどり色の丸い斑点があること。同じように下向きに花が咲くので、見間違えやすいのでよく観察してみましょう。

開花時期

2月〜3月にかけてスノードリップやスノーフレークが開花、スズランは少し遅い3月〜6月に開花します。

スイスの気候は日本とほとんど変わらないですが、湿度が低くカラッとしているので北海道の気候をイメージしてみると良いでしょう。

おまけ

スイス在住者がこっそりと足を運ぶ「秘密の花園」には、スノフレーク ( Märzenbecger)が咲き誇り、そこにはメルヘンの世界観が広がっています。

View this post on Instagram

A post shared by Macchiato (@24518lu)

口コミで広がった、スイスの秘密の花園。

詳しい場所の詳細は、ネットでも探せないので、グーグルマップを参考にお出かけください。

スイスは九州ほどの大きさの国ですが、ガイドブックには載っていない素敵な場所がたくさんあります。

スイス暮らしのブログでは、筆者を含め在住者がおすすめする素敵な所やガイドブックに載っていない場所を少しずつ掲載していくのでお楽しみに。

 

まとめ

今回は、すずらんと似た花、スノードロップとスノフレークの違いと特徴を紹介しました。

スズランのように可愛い花にも毒性があることや、見分け方を覚えておくと春のスイス旅行もさらに楽しくなると思うので、参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

スイス暮らしのArpakaです。スイスから美味しいもの、目に映る美しい風景、心が動く可愛らしいもの、旅行、子育てに関して情報を配信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる