\アメブロでも掲載中/詳しくはこちら

コロナワクチン接種で倒れる人もいる

目次

夫のワクチン危険な体験談

こんにちは!

スイス暮らしのブログのArpakaです。

先日、私も1回目のワクチン接種終えてきましたが、

夫も1回目のワクチンを受けてきました。

しかし、そこで起きたことはびっくり仰天 !

同じモデルナ社のワクチン摂取を受けたのですが、

会場内でバタンと倒れて、

気を失ってしまったそうなのです。

まさか、こんなことが起きるなんて思ってもいなかったので

私も息子のその話を聞いてびっくりしてしまいました。

経緯を説明

その日は、リモートワークを終えて

自宅から自転車で集団ワクチン接種会場へ向かいました。

予約時間は、夕方の17時。

私と息子は自宅で夕飯の用意をして

帰りを待っていたのですが、

18時半を過ぎても帰ってきません。

少し遅いな〜なんて心配していると、

「ただいま〜」と夫が帰ってきました。

遅かったね〜、と会話すると

夫が「今日は、ワクチン会場で倒れちゃった ! 」というではないですか。

息子も私も、ええ〜っと驚きの表情 !

ワクチンを接種後は、

全ての方が副反応の様子を見るために、

15分間その場で待機します。

夫は、待機している間に気分が少し悪くなり

手を上げようとした瞬間に立ち上がってしまい、

そのまま倒れ込んだそうなのです。

本人は、そこから記憶がなく、

気がつくとベットに横たわり、

血流をよくするため、

足が少し高い位置に置かれていたと話していました。

倒れた時に頭部をぶつけなくて良かったよ。

少し休むと、気分も良くなったそうです。

しかし、夫は倒れた時に助けてくれた人が

高齢者だったことに少し恥ずかしい思いをしたそうです。

倒れた原因は、「血管迷走神経反射」。

「血管迷走神経反射」とは、強い痛みや精神的なショック、

過度のストレスが原因で自律神経のバランスが崩れて起きる症状

夫の場合は、

  • 日頃の仕事でのストレス
  • 自転車で会場までいった体へのストレス
  • ワクチン接種のストレス

この3つが重なり自律神経のバランスが崩れたのではないかと

診断されました。

自分の体調をよく知っている方は、

最初から横になってワクチンを打てる場所も

用意されていたそうなので、

危険かなと思う方は、

その旨を話してからワクチン接種するのが安全かもしれませんね。

そして、帰りは念のため自転車は駐輪場に置いて、

Uberを利用して帰ってきました

翌日、夫は大事を取り、

仕事も休みました。

過度のストレスは身体的に異変を起こしてしまうので、

十分な休息を取ることも大切ですね。

皆さんも、健康には気をつけてお過ごしくださいませ。

アメブロでも配信しているよ !

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる