\アメブロでも掲載中/詳しくはこちら

【スイス観光】夏の避暑地、アーレ峡谷のスリルと迫力を味わおう

アーレ峡谷の入り口
目次

神秘的で大迫力の「アーレ峡谷」

アーレ峡谷(きょうこく)/ Aareschluchtは、

ベルン州・マイリンゲン(Meiringen)に位置する、

長さ1,400m、深さ200mの両端が切り立った谷のこと。

両端に広がる切り立った岸壁には歩道橋が設置されており、

徒歩で深さ200mの谷底を、

アーレ川を横目に歩いて行くのです。

みんな

アーレ川は、ブリエンツ湖ートゥーン湖ーベルンの町を通り、
ライン川に流れて行くんだよね。

日帰り観光にもおすすめ

アーレ峡谷までは、

チューリッヒから車で約1時間半。

お姉さん

日帰りで行けるのも嬉しいわ。

入り口付近には、駐車場もあるのでアクセスも簡単です。

夏期は、暑さをしのぐ避暑地としても人気の場所なので

夏休みの家族旅行にも最適です。

アーレ峡谷の見所は、

岩壁の歩道橋を歩いて行く1.4kmのコース

約45分間のスリルのある散歩コースが楽しめます。

途中でアーレ川に突き出す歩道橋の一部は、

川の濁流が市元に見えるのでとてもスリリング。

歩道橋を歩く足は、

高所恐怖ではなくともすくんでしまいます。

車椅子でもアクセス可能

歩道橋の一部は、

車椅子の方でも通れるように設備されているので、

車椅子をご利用の方も

アーレ峡谷の迫力を一緒に楽しめます。

ワンちゃんと一緒の散歩も許可されているので、

歩道橋を歩いていると、時々ワンちゃんたちとも遭遇しますよ。

くまさん

犬と一緒に散歩できるのは嬉しいね。

\動画はReelでチェックしてね/

https://www.instagram.com/reel/CRpIqjfj0fr/

第二次世界大戦の2つの穴

2つの洞窟

写真の中央部にある2つの穴、見えるかな?

この2つの洞窟は、1940年後半につくられました。

洞窟は、185人のオフィサーと兵士の寮として作られましたが

使用されることなく現在でもその形跡が残っています

洞窟内には、食堂やヒーターの設備もあったそうで、

当時の生活環境からすると設備の整った場所だったそうです。

線路から繋がっている洞窟は、実際には使用されなかったそうですが、

現在でも2つの洞窟(寮)は、観光客の目を引くアトラクションとなっています。

テラス席でリラックス

岩壁の歩道橋をどんどん進み、

最終地点に到着すると、売店があるので一休み。

売店のテラス席
ノンアルビールでリフレッシュ

テラス席では、ピクニックはできませんが、

売店で軽食やドリンクを注文して、

一休みしてから帰途への道へ進みましょう。

山の景色を見ながら飲むノンアルのビールは、
リフレッシュできておいしかったな〜。

電車で帰ろう

さて、帰り道。

きた道を戻るのか〜と思ったら少ししんどい。

そんな方は、電車で入り口付近まで戻るのがおすすです。

チケットは社内でも購入できますが、

SBBのアプリを利用するとさらに便利です。

買い方が分からなくてもたついているうちに

到着してしまうので利用の際は

事前にアプリの使い方を調べておくのも良い手段ですよ。

SBBのアプリダウンロードは、

こちらからどうぞ。

まとめ

チューリッヒから日帰りで行ける、

地元の人にも人気の観光避暑地、いかがでしたか。

濁流の音や歴史を感じるアーレ川の流れを体感してみてはいかがでしょうか。

スリルのある歩道橋を歩いていけば、スリルと川の水温に体も心も癒されること間違い無いです。

皆さんも、ぜひ観光で訪れてみてね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる