\アメブロでも掲載中/詳しくはこちら

🇨🇭スイスのラーメン屋 Ooki Pavillonで夏まつり「夏なんです。」を開催!美味しい日本食が満載でお腹も心も大満足

2021年の春に第2号店となる「Ooki Pavillon」がオープンしました。

広々とした庭がある開放感たっぷりのラーメン屋さんです。

去年から今年にかけては、コロナの影響もあり

様々なイベントがキャンセルとなりましたよね。

しかし、6月から緩和措置が実施されたスイス各地、

今年は日本人主催で、夏祭り「夏なんです。」が開催しました。

開催日:2021年8月21日、22日の2日間。

Ooki Pavillonの入り口
目次

縁日の雰囲気がとても日本

イベント会場には様々な屋台が集結!縁日のような雰囲気は、

日本へいけない外国人の方にも楽しんでいただけたのではないかと思います。

美味しい日本の味が Ooki Pavilloの庭にずらりと並んでいました。

粉キュッへ

スイスのクリスマスマーケットや国内の日本イベント会場で出会える、

肉まん各種と和菓子を販売する「粉キュッへ」。

チキンカレー

あんまん、チキンカレー、豚まん、ベジマンの4種類を販売しています。

お姉さん

チキンカレーを食べたよ〜。ふんわり生地にギュッと詰まった中身は食べたら笑顔になる一品なのよね。美味しかった〜。

和菓子は、もちの中にクリーム系のムースの詰まったものと、

ビーガンでも食べられるあんこ入りの大福を販売しています。

どれも、グルテンフリーなのでグルテンを気にする方にも安心の和菓子です。

見かけたら、ぜひ食べて見てね。

イベントに行けなかった人は、

チューリッヒのTokyo TapasKumo6でも販売しているので

お近くへ行く際にはぜひ立ち寄って見てね。

アテリエお菓子(Atelier Okashi)

アテリエお菓子さんでは、

フレンチ&日本の繊細かつ美味しい和洋菓子を提供しています。

購入できる場所は、現在

チューリッヒのコーヒー専門店「Mame」を中心に3店舗。

販売店舗

「夏なんです。」のイベントでは、

通常カフェやレストランでしか味わえない、

おいしい和洋菓子を販売していましたよ。

あるぱか

わたしは、アトリエお菓子さんの大ファンなのです。毎回、インスタで美味しいわ洋菓子をチェックして食べたいな〜とおもっていたので、この日パティシエさんにもお会いできて、大興奮。

抹茶ロールケーキ/アプリコットタルト

抹茶ロールケーキは、

フワリとした米粉の生地にホワイトチョコレートクリーム入り。

抹茶は、おいしい抹茶パウダーを使用しているので、

濃厚で色味の良い抹茶味が楽しめます。

特に抹茶が好きな方は、

濃い抹茶が楽しめる抹茶チーズケーキもおすすめだよ!

「夏なんです」のイベント会場では、この日のために用意した

アプリコットのタルトも販売していていましたよ。

甘酸っぱくて食べ応えのあるアプリコットタルト、

そして、さくっとしたクッキー生地が絶妙でめっちゃくちゃ美味しいかったです。

Ooki Pavillon内での飲食

メニューを見て即決した飲み物は、カルピス。

子どもの頃によく飲んだ味は、

やっぱり日本食店にいくと飲みたくなるもの。

今回は、カルピスソーダを注文しました。

カルピスソーダ 50ml/ 8フラン

そして、メインはラーメン

濃厚な味の味噌ラーメンは

Ookiのオリジナル商品。

コクのあるスープは、

最後に、ご飯を入れて食べたくなるほどコッテリで絶品!

あるぱか

子どもの頃、父ちゃんの作るラーメンが美味しくて、スープに白ごはんを入れて食べていたな〜。ってこんなことするの、もしかして我が家だけ?

味噌ラーメン/24フラン

大振りの竹の子、しっかりと味付けされたたまごもトッピングされていました。

麺はちぢれ麺で、スープに絡んでとっても美味しかったです。

あるぱか

味噌ラーメンを食べた経緯、実は粉キュへのオーナーがラーメンをご馳走してくれたんです!関西の心持ちの太っ腹なオーナー!ほんまに感謝&ごちそうさまでした。

坦々麺を食べる友人

ラーメンを食べる時のおもてなし、

それは前掛けが用意されているところ

どうしてもスープ系は、汁が飛んだりするので、

こういったサービスは嬉しいですよね。

以前、私もひとりでシンガポールラクサを食べた時に、

Tシャツに汁が飛んでしまった経験があるので、このサービスは気に入りました。

その他の出店

他には、

味噌の販売やホロスコープを読んでくれる Kabinokoyaさんも出店していました。

お姉さん

インスタでフォローしているスイス在住者の皆さんが集結していて、
心がウキウキしちゃった。

夏祭りの定番、

わた菓子のお店やヨーヨー釣り、かき氷店などもありました。

夏の風物詩がOoki Pavillonの庭に広がっていて、

スイスと日本の融合する空間がそこにはありました。

参考サイト:https://www.fraumond.ch/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる